ピーチローズ,口コミ,効果

季節の変わり目の「お肌の敏感サイン」を見逃すな!

 

夏の紫外線ダメージやエアコンによる乾燥、過剰な皮脂や汗の影響で、この時期のお肌は不安定になりがち・・・。

 

冬でもないのにカサカサ、いつもの化粧品やピリピリ、ニキビや吹き出物がブツブツ・・・。そんな時は、お手入れ法や生活習慣の見直しがマストになります!

 

 

カサカサ肌

お肌のカサカサトラブルは、角質の潤う不足が原因になります。元々乾燥体質の人ももちろんいますが、多くは普段間違ったスキンケアが要因になります。

 

特に洗顔のしすぎはいけません。角層が傷ついてお肌のバリア機能が低下するため、お肌から水分が蒸発しやすくなります。さらに夏の間の保湿がいい加減だと、そのツケが表面化するのもこれからです・・・。
まだまだ紫外線による角層の乱れも潤いが不足する要因になります。日焼け止めでお肌が乾燥することも多いので、潤い効果の高い日焼け止め+スキンケア保湿をしっかりとやりましょう!

 

カサカサ解決法!
洗いすぎをやめる

お肌が敏感でカサカサしているときは、朝は洗顔料を使わずに水のみで洗顔しましょう。夜は、お肌に優しい低刺激の洗顔料でサッと洗うようにします。洗顔料はよく泡立てて、お肌に直接手が触れないようにするのがポイントになります。決して、お肌をゴシゴシこすったり皮膚を引っ張ったりしないように気をつけましょう!

 

また、洗顔中にお肌をこすらないように気を付けても、すすぎ時にゴシゴシこすっては意味がありません。すすぎ回数が多すぎるのも問題です。流水を使って、5〜10回までが適当です。髪の生え際、目の周り、小鼻のわきなど、細かい部分に泡が残らないようにまんべんなく流しましょう!

 

 

たっぷり保湿する

乾燥には水分補給が大事と、ローションをたっぷりつけて安心している人がいますが、それだけでは水分は蒸発してしまいます。潤いを与えたら、表面に油分の膜をかけて、しっかり保護してあげることが大切になります。油分を含むクリームやオイルなど、しっとり系のアイテムをたっぷり使って潤いが逃げていかないように蓋をしましょう!

 

 

ゴワゴワ肌

ゴワゴワは、お肌の新陳代謝が低下して、本来なら剥がれ落ちるはずの角質が肌表面にたまってしまったことが最大の原因になります。夏の疲れや睡眠不足、偏った食事なd、内的要因が大きいです。代謝を高める生活習慣に改めるだけでも、かなりお肌の調子が上向きになっていくはずです。ゴワゴワの裏側には、カサカサも隠れています。たまった角質をスペシャルケアで無理に剥がそうとすると、お肌が潤いを守ろうとして、さらに角質を肥厚させます。

 

ゴワゴワ解決法!
気になる部分のみ角質ケア

たまった角質の除去には、通常ピーリング効果のある洗顔料の使用をおすすめしますが、敏感な肌にんは注意が必要になります。ただし、敏感肌用の洗顔料にも角質ケアできるものはあります。肌が固くゴワゴワしている部分だけ使って、ほかは水洗いをしましょう。角質ケアした後はしっかり保湿することもお忘れなく!

 

 

温めケアで代謝アップ

半身浴やホットヨガなどで、じんわりいい汗をかくことも、ゴワゴワ対策につながります。古い角質が柔らかくなって自然に剥がれて、きめ細かなお肌が再生されていきます。また、蒸しタオルも効果的で、保湿成分の浸透が高まってお肌の血行もアップします。

 

 

代謝を促す生活習慣に

筋肉を作るタンパク質、抗酸化作用の高いビタミンC、血流をよくするビタミンE、代謝を整えるミネラルなど、さまざまな栄養をバランスよく摂りましょう。代謝が高まり、お肌のターンオーバーも整います。ターンオーバーの乱れは、自律神経の乱れからも起こります。特に季節の変わり目は、自律神経が乱れやすいものになります。本来、副交感神経が高まる夜は、リラックスして過ごし、睡眠を十分にとることが大切になります。

 

 

ピリピリ肌

ピリピリは、バリア機能が弱まっていることを知らせる、お肌からのサインです。外部の刺激が肌内部に侵入しやすくなるため、その防御反応として炎症が起こります。反応の対象は、化粧品成分、花粉などのアレルギー物質、摩擦など物理的な刺激などさまざまです。

 

特に化粧品は昨日まで大丈夫だったものでも、季節の変わり目や疲れがたまったときなどに突如生じるケースもあります。自分が何に反応するか知っておくことは、ケアの上でも大切になります。

 

 

ピリピリ解決法!
ピリつき要因を断つ
ピリついたら化粧品をすぐにストップ

化粧品にピリついた場合は、いずれかの成分が刺激になっている可能性が多いので、すぐに使用はやめましょう。普段からお肌が敏感なタイプの人は、新しい化粧品を使う前に、腕の内側など目立たない所でパッチテストを。

 

ほてっていたら冷やす

お肌のほてりが強い時は、水で濡らしたタオルでそっと押さえて冷やします。食事も刺激物を控えるなど気をつけましょう。

 

洗顔は水かぬるま湯のみで

ピリピリする程バリア機能が弱まっている肌には、極力刺激を与えない事です。洗顔も、洗顔料は使わずに、水かぬるま湯のみで洗います。さらに、柔らかいタオルで軽くお肌を押さえて水気を取りましょう。

 

症状が治まってもピリついた化粧品は使用禁止

1度ピリついた化粧品は、症状が治まってからも使わないのが原則です。アレルギー物質は記憶されているので、無理して使い続けると、バリア機能がますます低下してしまいます。

 

 

厳選の1品で急速保湿

ピリピリしているときに、あれこれ塗るのは厳禁です。染みないクリーム系1品だけで保湿して、お肌を休息させるようにします。赤くなる手前なら、この休息保湿の処置だけで治ることが多いです。保湿の1品は、お肌に優しい保湿成分に加えて、抗炎症成分の入ったものがおすすめになります。

 

 

ムズガユ肌

カサカサ、ゴワゴワ、ビリビリの延長上になるのがこのムズガユになります。敏感がひどくなった状態です。もちろんかくのは我慢しましょう。まずはビリビリと同じように1日保湿を2〜3日続けてみましょう。それでも治らず、赤みや発疹が出ていれば、アレルギーが原因のことも多いので皮膚科で行きましょう。かゆみの正体を診断し、的確に処置してもらいましょう!

 

 

ムズガユ解決法!
皮膚科で原因を究明する

皮膚科では、かゆくなっているパーツや症状の出方によって原因を調べます。まずは問診をして、アレルギーが疑われるときは血液検査。花粉やペットの毛など、何に反応しているのかを調べます。化粧品の成分などとの相性診断は必ずパッチテストを行いましょう。

 

 

消炎後もスキンケアは慎重に

症状が治まっても、お肌の内部はまだバリア機能が弱い状態です。いきなり以前のように化粧水、乳液、美容液、と何品も使うのは、お肌への負担が大きくなってしまいます。2〜3日に1品ずつ、様子を見ながら涙していきましょう。

 

 

ブツブツ肌

かゆいブツブツは、何かにアレルギーを起こしている可能性があるので皮膚科へ急ぎましょう。かゆくないと、乾燥やストレス、寝不足などの悪影響でできる大人ニキビの可能性があります。大人ニキビは、ゴワゴワと同じでターンオーバーの低下が要因です。お肌にたまった分厚い角質が毛穴を塞いで、中に皮脂を詰まらせると、それがニキビのもとになります。炎症を起こすと赤く膨れてニキビになります。

 

 

ブツブツ解決法!
朝晩、洗顔料を使って洗う

洗顔は、朝晩2回。ニキビ菌は皮脂を好むので、きちんと洗顔料を使って洗います。ニキビができている部分に指が触れないようにたっぷりの泡で洗いましょう。

 

 

油分はカットし、潤いを補給

化粧水はたっぷりと、油分を含む乳液やクリームはニキビを避けて使います。ニキビができにくいことを示すノンコメドジェニック表示のある製品がおすすめです。ひとつで何役もこなすBBクリームやCCクリームは、いつもならとても便利なアイテムですが、ニキビ肌には、そこに含まれる美容成分がニキビ菌の栄養になってしまうので注意が必要です。流行のオイル美容液も、素肌にいきなりつけるとニキビ菌を増やします。

 

 

>>ピーチローズは効果なし??徹底検証した結果はコチラ!<<