ピーチローズ,口コミ,効果

朝と夜の過ごし方で少しでも美人に!

 

何かと忙しい昼間ではなく、まずは朝と夜の過ごし方をちょっと変えて少しでも美人になりましょう!

 

 

朝の過ごし方

朝は交感神経を刺激して細胞を活性化&老廃物を排泄しよう!

 

深呼吸と伸びをして気を全身に巡らせる

酸素は体のエネルギー源です。一度吐ききり、大きく伸びをしながら吸い込めば顔も体もすっきりします。

 

お茶を淹れ今日の予定に思いをはせる

最初がうまくいけば、いい循環が回りだします。慌ただしい日ほど効く、心鎮める朝のひとときになります。

 

朝最初の水はとっておきのグラスで飲む

目覚めの水は、体にとって恵みです。一口一口を大切に、隅々までゆっくりを染みわたらせましょう。

 

季節の新鮮な果物をいただく

朝のフルーツは「金」と言います。自然と調和してゆらぎにくい体を作る美味しい習慣。

 

熱いシャワー・湯船につかる

なんだか体が重い、顔がすっきりしない・・・。そんな時は熱いお湯で交感神経を刺激しましょう。シャワーなら肩の付け根を狙い撃ち。

 

朝食は体調と予定に合わせて臨機応変に

忙しい日は消化のいいもの、ゆったりした日はしっかりと、その配慮が一日の元気を左右します。

 

朝日を浴びて体内時計をリセットする

体は朝日を浴びることで、一日のリズムを刻み始めます。清々しい一日のための始まりの儀式です。

 

体温、血圧、舌を見る

体調を一目瞭然に映し出す大切な3つになります。毎日チェックすることで、変化に対する気づきの感受性も高まります。

 

デトックスの時間と確保する

食事をすると一旦、交換神経が優位になり、お通じを促します。それを逃がすと便秘を招くので、朝食後はデトックスタイムの習慣をつけましょう。

 

気温、湿度、気圧を確認する

絶え間なく変化する環境は、体にとっての物理的ストレスになります。雨と張れ以外の要素にも目を向けて、体への労りの気持ちを高めてください。

 

スペシャルケアは朝にする

夜はお手入れに時間をかけるより、十分な睡眠で元気なお肌を作るほうが大切になります。ケアの手ごたえも増すはずです。

 

植物の世話をする

季節と生命の移ろいを感じると、心が澄み、バイタリティーが湧いてきます。ひと鉢のハーブ、一輪の花でも身近に置いてみましょう。

 

 

夜の過ごし方

副交感神経を優位にして心身の休息&細胞の再生!

 

温かみのある柔らかな明かりを灯す

夜の強い光は、朝日で始まった体内時計を逆行させます。スムーズに眠りにつくために、暗くなって灯す明かりは目に穏やかなものを。

 

月を見上げる

移りゆく姿の美しさで愛でるとともに、心身のリズムを推し量るものさしであり、体内時計を作る要素のひとつでもある着き。毎晩見上げる習慣を。

 

心と体が喜ぶご褒美の一杯を頂く

アルコールは神経を覚醒させ、睡眠の質を下げるので眠る前はNGです。自然な甘味や華やかな香りのものを選びましょう。

 

肌触りのいルームウエアに身を包む

家に帰ったらまずは着替える。体を締め付けない、天然素材のウエアが休息モードをオンにします。

 

髪と頭皮をブラッシングする

頭皮の強張りは、脳の疲れによるもの。目を閉じてゆっくりブラッシングすれば、頭皮と共に目のまわりの強張ると疲れが解け髪も健やかに。

 

寝室の空気を清浄にする

睡眠の質は寝室の快適さと比例します。温度と湿度はもちろんのこと。毎朝窓を大きく開けたり竹炭を置いたり、キレイな空気にもこだわりましょう。

 

心鎮める香りをたく

脳へとダイレクトに働かける香りの力を、最大限に活用しましょう。サンダルウッドやペチバーがおすすめ。

 

三行を書く

マインドフルネスのトレーニング、「ジャーナリング」の延長。今日いちばん失敗したこと、いちばん感動したこと、明日の目標、この3つを書くだけで、心と自律神経が整います。

 

季節に合わせたリネンを選ぶ

温度が高く、汗でべたつきやすい9月は柔らかさでさらりとしたコットンリネンがぴったりです。

 

優しくじっくりメイクを落とす

夜のクレンジングタイムは、今日一日と向き合う格好のリチュアル。自分が心地よく感じるテクスチャーを見つけましょう。

 

お気に入りの音楽をかける・本を読む

目が潤う庭園の写真集や、明るく軽やかなボサノバなど、心安らかに楽しめるものを選んでください。

 

体に触れる、体をゆるめる

なでるように肌をさすると脳が気持ちよくなり、体がゆるみます。睡眠中の新陳代謝を高める方法です。

 

 

>>ピーチローズは効果なし??徹底検証した結果はコチラ!<<