プリンセスアンダー,口コミ

お肌のターンオーバーを促進する栄養素の食材

 

 

ターンオーバーが乱れると角質が溜まる一方となり、黒ずみの原因となってしまいます。

 

※皮膚科学では、肌細胞は絶えず入れ替わり、新しいお肌に生まれ変わる作業をしています。このことを「ターンオーバー」と言います。つまり「肌再生」のことを指します。お肌に傷が付き、かさぶたとなって剥がれ落ちてきれいなお肌に生まれ変わるのもターンオーバーによるサイクルになります。

 

栄養素の「ビタミンE」は血行がよくなる上に新陳代謝が高まり、ターンオーバーが促進されます。さらに、強い抗酸化作用があり、活性酸素の害からからだを守ってくれて、がん、心筋梗塞、脳卒中などの生活習慣病を予防する事も期待されています。

 

「ビタミンE」を多く含む食品

煎茶

 

とうがらし

 

アーモンド

 

かぼちゃ

 

大根

 

うなぎ

 

明太子

 

大豆 など

 

 

一日に極端に大量摂取すると、血が固まりにくくなりますので注意しましょう。
※成人女子の一日分の目安量:8mg

 

 

肌のハリには不可欠な栄養素「コラーゲン」

 

「コラーゲン」は年齢と共に減少するので食物で積極的に補っていきましょう。コラーゲンは食物から摂るのが理想的な摂取の形です。

 

 

「コラーゲン」を多く含む食品

鶏の手羽先

 

鶏軟骨

 

牛すじ

 

豚白モツ

 

 

アジの開き

 

ブリ

 

うなぎの蒲焼き

 

エビ

 

イカ

 

フカヒレ など

 

なかでも高級食材のフカヒレは100g中9,920mgとぶっちぎりのコラーゲン含有量です。とはいっても、毎日フカヒレを食べるわけにはなかなかいきませんよね・・・。

 

鶏肉は平均してどの部位でもコラーゲンの量が多いですし、そのうえ低カロリーです。ダイエットをしている方にもオススメの食品になります。

 

 

「ビタミンC」も大事です!

 

また、「ビタミンC」はコラーゲンの合成を促進する効果がありますので、ビタミンCを含む食物も積極的にとりましょう。

 

ビタミンCには強力な抗酸化力がありますので、活性酸素の増加を抑制することができます。黒ずみの原因の1つは、活性酸素になります。活性酸素が増加するとメラノサイトが刺激され、メラニン色素が作られることになります。

 

 

「ビタミンC」を多く含む食品

レモン

 

ハッサク

 

ポンカン

 

キウイフルーツ

 

アセロラ

 

イチゴ

 

パイナップル

 

赤ピーマン

 

菜の花

 

カリフラワー

 

ホウレンソウ

 

キャベツ

 

ジャガイモ

 

サツマイモ など

 

ビタミンCにストレスを緩和する効果もありますのでストレスの溜まりやすい生活をしている人や激しい運動をする人、喫煙の習慣がある人などは、意識的に多めにビタミンCを摂るようにしましょう。

 

脂質の多い食べ物が好きという方に、黒ずみに悩まれている方が多いようです。ジャンクフード、コンビニのお弁当や脂質の多い食事などが好きという方や、忙しくてそういったもの以外食べる時間がないという方もいるかと思いますが、なるべく野菜を摂取することを心がけておきましょう。

 

 

デリケートゾーンの黒ずみを本気で美白したい方は・・・

 

本気でデリケートゾーンの黒ずみを解消したいと言う方はしっかりと専門的に製品化されているデリケートゾーン専用の美白クリームを使うことをおすすめします。

 

デリケートゾーン専用のクリームなのでお肌の深部のメラニンにまでしっかり届きますし、当然黒ずみ解消効果も高いです。

 

 

 

 

>>ピーチローズは効果なし??徹底検証した結果はコチラ!<<