ピーチローズ,口コミ,効果

体内リズムを整えて黒ずみバイバイ!

 

私たちの体やお肌の状態は、体内リズムに左右されている!?

 

1日の体やお肌の自然な働きに合わせて効果的にアプローチする「時間美容」を取り入れて体内リズムを整えましょう。

 

私たちの体には脳はメインに体内時計がいくつかあり、それらが24時間周期のリズムは正しく刻むことで健康や美肌を育むことができます。

 

その体内時計をコントロールするカギとなるのが、夜に脳から分泌されるメラトニン

 

この夜のシグナルが細胞に伝わって、体を時刻に合わせているのです。ただ現代人は、不規則な生活や食事、ストレスなどにより、メラトニンの分泌が妨げられて体内リズムが狂い、お肌や体、心のダメージを起こしがちです。そうならないためにも、日々の生活の中に「時間美容」を取り入れて体内リズムを正しく整えることが大切になります。

 

 

6時〜17時までの覚醒タイム

 

取り入れるべき生活習慣

 

朝は同じ時間に起きる

朝は決まった時間に起きることで1日のリズムのずれをリセットしましょう。夜更かしや深夜勤務などがある場合でも、できれば毎日、同じ時間に起床して決まったリズムを作るのがおすすめです!

 

毎日同じ時間に朝食を摂る

決まった時刻に朝食を摂ることで、脳や体へ「朝だよ!」というメッセージが伝わり、体内リズムが整えられます。また、睡眠中に下がった体温が上がり、体が活動モードにシフトします。

 

日光を浴びて体内時計をリセット

朝日を浴びると、睡眠ホルモンのメラトニンの分泌が止まり、体を覚醒させるセロトニンが分泌するので、しっかり浴びましょう。そうすると、夜にメラトニンが出やすい状態になります。

 

愛の告白や交渉事は15時前後のおやつタイムに

血流が低下ぎみの朝から午後になると、活性タイムに入り、3時のおやつタイムにはもっともポジティブになります。デートや愛の告白、重要な交渉事はおやつタイムがベストです!

 

大切な仕事や勉強は13時〜16時の間に

1日の中で昼間は記憶力や集中力が高まるピークだから、仕事や勉強はこの時間にするのが効率が上がりベストです。昼夜逆転の人は、昼間にぼーっとしてしまう危険性があります・・・。

 

 

取り入れる美容習慣

 

朝のスキンケア儀式で肌と体を目覚めさせる

毎日決まった時間に、覚醒系の香りでスキンケアやマッサージを取り入れましょう。朝だけのお手入れの儀式を取り入れると、お肌が目覚めるとともに1日のリズム調整にもなって効果的です。

 

エアコンなどによる強い乾燥からお肌をプロテクト

日中は、紫外線や大気汚染、エアコンによる寒暖差や乾燥など、さまざまな外的刺激を受けやすい状態になります。お肌をきっちりプロテクトして、外出に備えることが大切になります。

 

 

18時〜5時までの鎮静タイム

 

取り入れるべき生活習慣

 

カフェインは就寝4時間前までにとる

メラトニンの分泌によって体温が下がり、深い睡眠へ。コーヒー、紅茶、緑茶に多く含まれるカフェインは眠気w覚ます効果があり、メラトニンの分泌を抑制するので、就寝直前のカフェイン摂取は良質な睡眠を妨げます。

 

寝る3時間までに晩御飯をすます

寝る直前は、寝ている間も消火活動が行われるため、内臓が休まらず浅い眠りになってしまいます。また、22時以降に食べたものは、脂肪として蓄積しやすく太りやすいので注意が必要になります。

 

就寝前のパソコンやスマホは禁止

光の刺激が目に入ると、メラトニン分泌ががくんと低下して興奮状態になります。中でも、パソコンやスマホに含まれるブルーライトは強い光なので就寝前のメールのチェックは避けましょう。夜は関節照明で過ごすのがおすすめになります。

 

寝酒はやめる

カフェイン同様、メラトニンの分泌を下げるのが、過度のアルコールやたばこになります。酔っぱらうと眠くなると勘違いしがちですが、実は睡眠が浅くなってしまうので、寝る前の飲酒は控えましょう!

 

 

取り入れる美容習慣

 

筋トレやエクササイズは夕方にする

交換神経が活発に働く夕方は、運動のベストタイムになります。心拍数や筋肉の血流量が増加して体脂肪の燃焼が盛んになりやすいため、ダイエットに最適です!反対に夜は運動には不向きになります。

 

お風呂は就寝2時間前までに済ます

深い眠りにつくためには体温が下がることが必須なので、入浴は就寝1時間〜2時間前までに済ませましょう。入浴後は自然に体温が下がり脳がお休みモードに入るため、安眠につながります。

 

お肌を鎮めて修復、夜のスキンケアを

リラックス効果の高い香りやお肌の修復力を後押ししてくれる夜用のスキンケアで、睡眠中の肌修復のパフォーマンスを上げましょう。22時から1時は乾燥タイムなので保湿も強化されます。

 

寝ている時は部屋を真っ暗にする

眠りについた2時間後あたりに、成長ホルモンが分泌され、肌の修復力はピークになります。ただ光を浴びると、睡眠を促すメラトニン分泌量が下がるので、寝るときは室内を真っ暗にしましょう。

 

 

体内リズムを整えるための3つのポイント
朝は覚醒、夜は鎮静するように心がける
夜は、光は遮断してメラトニンの分泌を促す
決まった時間に行う朝の習慣でズレをリセット

 

 

>>ピーチローズは効果なし??徹底検証した結果はコチラ!<<