ピーチローズ,口コミ,効果

【タイプ別解説】日本人のお尻は4タイプ!

 

 

日本人のお尻には大きく分けて4つのタイプがあります。

 

垂れているのか出っ尻なのか、はたまた四角いのか分かりにくいお尻の形。ご自身のお尻はどのタイプなのか、下記のタイプ別のお尻の形をチェックしてみてください!

 

垂れ尻

4つのタイプの中でも骨盤がいちばん寄りかかり気味のため、脂肪が垂れやすくなります。歩いているときに、足が体よりも後ろに行かずに、ひざを曲げたままペタペタと歩きがちです。骨盤が固まっていて動かしにくいと感じることもあります。

 

チェック項目
骨盤が張っている
足を後ろに出す動きが苦手
お尻を持ち上げると足が長く見える

 

 

扁平尻

痩せ形でお尻に脂肪がつきにくいのがこのタイプ。ほかの3つタイプとは違い、骨盤が前に傾いている欧米型になります。下腹部がぽっこりと出やすくて、幼児体型に近いです。骨盤まわりの筋力が弱いため、座ると足をすぐに組んでしまいやすいのが特徴。

 

チェック項目
ボーイッシュな体型
パンツをウエストのサイズで選ぶとお尻部分が余る
下腹部が出やすい

 

 

四角尻

筋トレやランニングをしている人に多い四角尻。両足をそろえて立った時に足の間に隙間ができないのが特徴のひとつになります。お尻に力を入れるとえくぼのようなへこみができることもあるので、別名「ピーマン尻」とも呼ばれます。

 

チェック項目
スポーツをよくする
足の間に隙間がない
触れると固い

 

 

出っ尻

腹筋が弱く前のめりになりやすく、立ち姿を横から見ると、お尻がいちばん突き出ています。バランスをとろうとして自然とあごが上がり気味に。
骨盤から背中にかけて反っていて腰が前に入りがちなので腰痛になりやすいです。

 

チェック項目
立ち姿を横から見るとお尻が突き出ている
歩くときにあごが上がり気味
腹筋が苦手

 

 

デニムが似合う理想の美尻の3つの条件

 

@後傾気味な骨盤に沿った柔らかいフォルムの丸み

日本人の骨盤は、後ろに傾いてるようなフォルム。腰からお尻にかけて脂肪がつきやすい体型なので、適度な大きさであれば丸みがあって女性らしいラインになります。

 

A程よく引き締まりつつ表面はふわっと

激しいトレーニングをしない限り、お尻につく脂肪は柔らかいものです。程よいハリ感がありながら、肌の表面は触れると柔らかいフレッシュな桃のような手触りが理想的です。

 

B閉まりすぎでも開きすぎでもなく骨盤に弾力

骨盤が閉まりっぱなしでも開きっぱなしでも、美しいお尻のラインはキープできません。前後左右にスムースに動く骨盤は弾力があるなら、ハリのある適度な脂肪がついてしなやかなヒップに。

 

 

>>ピーチローズは効果なし??徹底検証した結果はコチラ!<<