ピーチローズ,口コミ,効果

肌内のヒアルロン酸の鮮度でお肌の質が決まる??

 

いつもインナー乾燥に悩まされているお肌は、肌内のヒアルロン酸の鮮度が落ちてしまっているのかもしれません・・・。最新の研究からみずみずしいハリ肌の秘密が明らかになりました!

 

 

外から与える前に「肌内」のヒアルロン酸に注目!

ヒアルロン酸がお肌のみずみずしさに欠かせないことは誰もが知っているはずです。しかし、ヒアルロン酸は、スキンケアで外側から与えるものと思っている人も多いのではないでしょうか?

 

実は、もともと肌内に存在し、表皮や真皮の潤いを守っているヒアルロン酸。ぷるんとみずみずしい肌は、肌内のヒアルロン酸が高いからなのです。

 

ところがこのヒアルロン酸、時間の経過とともに劣化してしまい、弾力感のないヒアルロン酸になってしまうとの事。本来お肌には「自浄する力」があり、一度劣化してしまったヒアルロン酸を細胞が取り込み分解し、再生させることが可能。

 

ただし、年齢や紫外線や空気の乾燥、心のダメージなどによる酸化ストレスで「自浄サイクル」の機能が低下。劣化したヒアルロン酸が肌内に溜まりやすくなります。

 

ちなみに、表皮細胞の劣化ヒアルロン酸の分解能力は、加齢で約40%、酸化ストレスで約30%もダウンしてしまいます。大事なのは肌本来の「自浄サイクル」を取り戻して、劣化ヒアルロン酸を溜めず、常に鮮度を保つことです。肌内のヒアルロン酸がよみがえれば、お肌はもっとみずみずしくフレッシュな印象になれます!

 

 

疲れ肌の印象の一因はお肌に溜まる「劣化ヒアルロン酸」

弾力感があたヒアルロン酸も、時間の経過とともにシャバシャバの状態になってしまいます。加齢や酸化ストレスで、このような劣化ヒアルロン酸が肌内に増えてしまいます・・・。

 

表皮や真皮に存在するヒアルロン酸が劣化すると、お肌がしぼんでハリ感がなくなり、ターンオーバーが乱れてくすみや毛穴が目立つお肌に・・・。真皮の繊維芽細胞の活性が低下し、お肌のだ弾力感が失われてしまいます。「疲れてんの?」「顔色よくないね」などと言われてしまうのは、劣化ヒアルロン酸が肌内に溜まり悪影響を及ぼしてるせいなのです。

 

 

お肌にはもともと「ヒアルロン酸」を再生する機能が備わってる!

お肌にはもともと「自浄サイクル」があります。劣化したヒアルロン酸が細胞内にいったん取り込まれて分解します。その素材を再利用して、新たにフレッシュなヒアルロン酸を作り出しています。

 

ヒアルロン酸自浄のステップ

劣化

肌内のヒアルロン酸は時間とともに劣化します。水分を抱え込めなくなりパシャパシャの状態になります。

 

 

分解・取り込み

細胞は周辺から劣化したヒアルロン酸を中心に取り込み分解します。鮮度のいいヒアルロン酸に再生します。

 

 

再生

細胞はヒアルロン酸を再生して、自分たちの環境をフレッシュに保つことで美肌機能をアップします。

 

 

鮮度のいいヒアルロン酸で明るくなめらかな美肌に!

お肌の「自浄サイクル」を活性化して。鮮度の良いヒアルロン酸で満たされれば、水をたたえたようにぷるぷるで、パンとハリのある美肌になります。保湿しても保湿してもお肌が乾く「万年乾燥肌」からも抜け出せます。生き生きとした美肌なら自分に自信が持てますよね。

 

 

>>ピーチローズは効果なし??徹底検証した結果はコチラ!<<